日時:2015年5月29日 14:32 投稿者:pt21c

   ラジオフォーラム「しずおかマイトーク」

  この番組は21世紀倶楽部が協力して毎週放送しています。

今回は丸友開発株式会社代表取締役の谷田康雄(たにだ・やすお)氏をゲストにお招きしました。

氏のモットーは『理屈よりも行動』、趣味はゴルフ、温泉旅行、出身地は兵庫県です。

平成27年3月15日(日)午後6時15分から放送された内容の要約を紹介します。

【解体業のイメージアップ図る】

 弊社は昭和52年創業で建物の解体を主体に舗装、建築工事も行っています。

低振動、低騒音の機械を使い、粉塵を防ぐために散水には気をつけ、徹底した分別解体をしています。

解体業は汚い、怖いなどの負のイメージが強く、何とかそのイメージを払拭したいと、

綺麗な事務所を建てたり、トラックを明るい色にしたり、社員教育に力を入れるなど、

できることをしてきました。平成4年に完成した事務所はベージュと赤が混ざったヨーロッパ調にし、

イメージアップを図りました。解体工事はゼネコンの下請けがほとんどだったので、

何とか別途発注してもらえるようにしてきました。お客様の要望にこたえるために

「建設業の110番」を目指して、急な仕事、突貫の仕事、価格の厳しい仕事などにも対応しています。

地元、浜松の皆さんに愛される会社になっていきたい。国内の温泉巡りを行っています。

最近は草津、有馬温泉に言ってきました。草津は素晴らしい温泉です。食事と温泉が楽しみです。

日時:2015年5月29日 14:28 投稿者:pt21c

        ラジオフォーラム「しずおかマイトーク」

  この番組は21世紀倶楽部が協力して毎週放送しています。

今回は中村建設㈱代表取締役社長の中村 信吾(なかむら・しんご)氏をゲストにお招きしました。

氏のモットーは『人生は今日が始まり』、趣味は俳句、吟詠(師範)、旅行、出身地は浜松市です。

平成27年1月18日(日)午後6時15分から放送された内容の要約を紹介します。

  【産業観光都市を目指して】

   祖父が創業してから95年になります。昭和30年に法人化しました。父が病に倒れ、

  急遽代表者になって30年になります。右も左も分からなかったが、当時、浜松は建設ラッシュでした。

  現在の浜松は景気がちょっと悪いです。名古屋支店、東北、北九州でも仕事をしていて、前年対比は

  伸びています。突出している分野はマンションと福祉施設で件数、ボリューム感があります。

  浜松も従来型のパターンが変わりつつあります。ものづくりの町で今までは通ってきたが、

  円高を機に多くの元請も下請けを引き連れて海外に出て行ってしまい、企業の設備投資が

  大幅に減っています。これからも、浜松はものづくりが主体ですが、ロボット、宇宙工学など

  新しい産業を創出していくことが重要です。また、輸送機器、光産業、楽器をはじめ、

  JR浜松工場など見るべき産業関連が多いので、産業観光都市を目指すのがいい。

  浜松城二の丸を建設して展示館にし、国内外から人を呼び込むことが必要です。

日時:2015年5月29日 13:19 投稿者:pt21c

    「自由語会」(航空自衛隊浜松基地との交流会)    

        参加へのご案内

 

    日 時    6月24日(水) 18:30 ~ 20:30

    会 場    プレスタワー7階  静岡新聞ミーティングルーム

    講 師    航空自衛隊 気象隊長   

            3等空佐 外屋敷 雅彦(そとやしき まさひこ)

    演 題    「意外と知らない気象の世界」

     参加費    2,000円

     申込み      ご案内用紙にご記入の上、ファクスで21世紀倶楽部事務局へ

               <ファクス:053(455)2021>でご連絡下さい。

   

   

     *「自由語会」とは 

     航空自衛隊浜松基地と21世紀倶楽部の会員有志が自由に語り合い、

   交流と理解促進を深めるのが目的で、毎月1回、開催しています。21世紀倶楽部会員は

   どなたでも参加できます。浜松基地からは基地業務群司令、管理部長をはじめ、救難、気象、

   管制、衛生、音楽など各隊長クラスが参加します。例会では交互に務める講師のお話を中心に

   会食しながら、自由に語り合います。

   5月は「天方本城-城麓庵」の花嶋亨氏による「天方城と徳川家康」、

   4月は浜松基地の福山義久渉外室長が「航空自衛官のお仕事」と題して、

   それぞれ語っていただきました。関心を持たれる方々の多くの参加をお待ち申し上げます。

日時:2015年5月29日 13:08 投稿者:pt21c

 6月は通常の月例会に代わって21世紀倶楽部の総会・記念講演会・懇親会を行います。

総会では前年度事業と新年度計画等のご報告を予定しております。

記念講演会の講師には4月に3選を果たされました浜松市長の鈴木康友氏をお招きします。

会員の皆様に多数、ご出席いただけますようお願い申し上げます。

      日 時    6月22日(月)   16:30 ~ 総会           

                         17:00 ~ 記念講演会       

                         18:30 ~ 懇親会

      

     会 場    総会・記念講演会   17階 静岡新聞ホール      

              懇親会         15階 21世紀倶楽部 サロン

     

      講 師    浜松市長  鈴木 康友(すずき・やすとも)氏

      テーマ      「 浜松市政報告 」 

   

  

    ◇ 講師 略歴 ◇

       昭和32年生まれ。浜松市中区富塚町の出身。慶應義塾大学法学部を卒業後、

     財団法人松下政経塾に第1期生として入塾。同塾卒業後、ステラプランニング代表取締役として

     活躍され、平成8年から3年余は松下政経塾OB会会長も務める。

     平成12年6月の衆議院選で初当選。2期務めた後、平成19年4月の浜松市長選で初当選し、

     現在3期目。趣味はスポーツ(野球・ゴルフ)や読書(歴史小説など)で、座右の銘は「至誠通天」。

日時:2015年5月29日 13:05 投稿者:pt21c

 この番組は21世紀倶楽部が協力して毎週放送しています。

今回は㈱出雲殿izumoden浜松支配人の小林 正男(こばやし・まさお)氏をゲストにお招きしました。

氏のモットーは『非常識を常識に変えてみせる』、趣味はドライブ、美味しいもの食べ歩き、

出身地は千葉県です。 11月23日(日)午後6時15分から放送された内容の要約を紹介します。

【「なし婚」層の開拓が急務】

 冠婚専門の施設で県内に浜松、掛川、磐田の3カ所あります。

打ち合わせをはじめ、会場、料理、衣装、花、写真撮影、引き出物、指輪まで自前で用意していますので、

打ち合わせも少なくて済みます。近年、「なし婚」という結婚式をしないカップルが増えています。

4割はしたくない、6割はしたいけどできない。恥ずかしくてしたくない、資金難でできないと言う方もいますが、

圧倒的に多いのは面倒くさいです。いままでお世話になった方々に二人の門出をお披露目する結婚式が

こんなにも素晴らしいと、思ってもらえるような結婚式をお手伝いしたい。模擬挙式、模擬披露宴を行い、

教会式、神前式を見てもらい、実際にモデルになって体験もしてもらっています。お子様が生まれた後も、

お宮参り、七五三、成人式、お子様の結婚・披露宴と親子三代にわたってご利用してもらっています。

これからも三代にわたってご利用してもらえるように、トータルライフプランニングを提案していきます。

日時:2015年5月29日 13:01 投稿者:pt21c

この番組は21世紀倶楽部が協力して毎週放送しています。

今回は銀座ライオン浜松店オーナーの鈴木 康廣(すずき・やすひろ)氏をゲストにお招きしました。

氏のモットーは『誠実』、趣味は食べ歩き、出身地は浜松です。

9月28日(日)午後6時15分から放送された内容の要約を紹介します。

【浜名湖の食材で創作料理】

 昔は秋になると生ビールのサーバーを酒屋さんが片付けにきていましたが、

私たちが25年前から一生懸命に生ビールを売りましたので、1年通して売れる商材になり、

生ビール市場は浜松でも拡大しました。季節に合わせておいしいビールを味わってもらっています。

25周年記念で浜名湖の食材を使った創作料理「浜名湖祝舞(シューマイ)4天王」を提供しています。

ウナギ、スッポン、カニ、それにもちぶたを使っています。

舞阪の魚を使ったはんぺん、舞阪揚げも人気です。開店時には4つ百貨店がありましたが、

今では1店舗のみ。昼の商売に賑わいがないと、夜の商売につながりません。

例えば、5月の浜松まつりに浜名湖の食材を使った浜名湖料理フェアを開催したら、

浜松まつりを盛り上げることができます。浜松駅は単なる乗降客駅になってしまっています。

舘山寺、秋葉山、井伊谷宮の玄関口として復活させたい。

本当に若者がいきいき生きられる町になってほしい。

日時:2015年5月29日 12:44 投稿者:pt21c

2015年5月22日(金)18時よりプレスタワー17階において開催しました

        講 師  安東能明 氏  作家

      演 題 「もの書き四苦八苦」

【講演概要】

  私は1980年に大学卒業後、浜松市役所に就職。仕事の傍ら書いていた小説を

懸賞応募するようになり、1994年『褐色の標的』が、日本推理サスペンス大賞で受賞。

初めて本にしてもらうことができた。 その後、保健所勤務のとき、母子の悩み相談を聞いて

いたことがきっかけで、代理ミュンヒハウゼン症候群を題材に書き始めた。この時、

応募締め切りが近かったこともあり、仕事との両立は無理だと判断し、20年務めた市役所を

辞職し専業作家となった。(※このとき書き上げた『鬼子母神』はホラーサスペンス大賞特別賞受賞)

 急に朝から晩まで時間が自由になったものの、すぐに書き上げるスキルも無く、

取材のやり方もわからず、書きあぐねていたが、次は「物流」をテーマに書くことが決まったため、

とにかく外に出て取材をするしかないと、トラックの運転手等の世話になりながら全国各地を

取材して回ったこともある(この時の作品が『漂流トラック』)。 年間1万冊近い数の本が発行される中、

売れる本を出すのは大変難しい。作家とは遠くの霞を食べるような職業だとつくづく感じている。

自分はこれまでに小説を20冊書いたが、いまだに小説の書き方を掴んだとは言えない。

恥ずかしながら、もがき苦しみ書いているというのが正直なところだ。

精神科医であり小説家の帚木蓬生さんは、朝4時半に起床し、医師としての仕事や論文作成と共に、

小説も決まった時間に決まった枚数を書き上げていると聞いた。大変尊敬しているが、

私には1日も真似できないと思う。 現在、朝鮮戦争をテーマにした新作を書きたいと、

取材を進めている。また、複数の連載を持っているので、それぞれを1週ごとに書きあげている。

WEB小説『出署せず』の続編、祥伝社 小説NON連載『ソウル行最終便』、書店に並んだ本等を

見かけときには、読んで頂けたら大変嬉しい。

日時:2015年5月29日 12:25 投稿者:pt21c

        静岡新聞社・静岡放送 21世紀倶楽部

          静新21世紀ビジネス塾

      ~女性が活き活きと活躍する企業づくり~

 今年度は、「女性が活き活きと活躍する企業づくり」と題し、女性社員の活用に信念をもって取り組み、

成功をおさめる企業をご紹介すると共に、坂本光司先生をはじめとした法政大学大学院教授陣との

対談形式で、その経営理念などを詳しくお話し頂きたいと考えております。

また、「女性が活き活きと活躍するために企業がすべきこと」について坂本先生の視点から

紹介・検証します。起業を目指す方、若いビジネスマンやOL、管理職などを対象に、講師の方々の

お話から、今後のビジネスへのヒントや意欲を引き出してもらうことを目的としています。

  【日 程】  6/9(火)、7/7(火)、9/8(火)各19:00~20:30(予定)

  【会 場】  プレスタワー17階「静岡新聞ホール」 (静岡県浜松市中区旭町11-1)

  【参加料】  21世紀倶楽部会員 無料 (代理出席不可) 先着50名(全3回) 

         *一般の方は有料です (全3回で2,000円 FAX053-453-5220で申し込んでください)

         

      第1回 6/9(火) 女性が活き活きと活躍するために企業がすべきこと

            講演 坂本 光司氏

               (法政大学大学院政策創造研究科教授・同大学院静岡サテライトキャンパス長)

     

      第2回 7/7(火) 会社の発展は社員の幸せから

                      ~社員第一主義経営のすべて~

           株式会社 天彦産業(大阪府) 代表取締役社長 樋口 友夫氏

            聞き手:西浦道明(法政大学大学院客員教授・アタックスグループ代表パートナー)

     

     第3回 9/8(火) 私の経営理念 ~人を活かす経営~

           株式会社 ふくや(福岡県) 代表取締役社長 川原 正孝氏

           聞き手:坂本 光司

             (法政大学大学院政策創造研究科教授・同大学院静岡サテライトキャンパス長)

日時:2015年5月29日 12:20 投稿者:pt21c

「自由語会」(航空自衛隊浜松基地との交流会)

  日 時      5月27日(水) 午後6時半から8時半まで

  会 場      21世紀倶楽部 15階 L会議室

  講 師      天方本城 – 城麓庵花嶋 忠左衛門 亨(はなじま ちゅうざえもん とおる)氏

  演 題      「天方城と徳川家康」

 参加費      2,000円

 申し込み    下部の申込用紙にご記入の上、ファクスで21世紀倶楽部事務局へ

            <ファクス:053(455)2021>でご連絡ください。

  *「自由語会」とは

   航空自衛隊浜松基地と21世紀倶楽部の会員有志が自由に語り合い、理解促進と交流を図る 

  ことが目的で、毎月1回開催しています。21世紀倶楽部会員でしたら、どなたでも参加できます。

  浜松基地からは基地業務群司令、監理部長をはじめ、救難、管制、気象、衛生、音楽などの

  各隊長クラスらが参加します。例会では交互に務める講師のお話を中心に会食しながら自由に

  語り合います。4月は浜松基地の福山義久渉外室長が「航空自衛官のお仕事」、

  3月は日本アピセラピー研究会副会長の寺田幸宏氏が「ミツバチの不思議」と題してそれぞれ語って

  いただきました。 関心を持たれる方の多くの参加をお待ち申し上げます。

日時:2015年5月29日 12:13 投稿者:pt21c

 5月例会はセミナー講師に、浜松出身の作家、安東能明様をお招きし、

「もの書き四苦八苦」と題して講演していただきます。

平成6年「死が舞い降りた」で日本推理サスペンス大賞優秀賞を受賞されて創作活動に入られ、

緻密な取材に裏付けられたサスペンスや警察小説で注目を浴びておられます。

今回は執筆に当たられた時の逸話や苦労話など本音を語っていただけると期待しています。

     日  時    5月22日 (金)  18:00~ 

     セミナー                 19:30~ 懇親会

     会  場     プレスタワー17階 静岡新聞ホール

     講  師     作家  安東 能明(あんどう・よしあき)氏

     テ ー マ    「もの書き四苦八苦」

     講師 略歴

      昭和31年生まれ。静岡県天竜市二俣町(現在の浜松市天竜区二俣町)の出身。

     明治大学政経学部を卒業後、浜松市役所に勤務する傍ら執筆を続け、平成6年、

     「褐色の標的」で日本推理サスペンス大賞を受賞。市役所を退職し専業作家となる。

     平成13年「鬼子母神」でホラーサスペンス大賞特別賞、平成22年には「随監」で

     日本推理作家協会賞短編部門を受賞し、現在に至る。

     「撃てない警官」「出署せず」など著書多数。

日時:2015年5月29日 12:00 投稿者:pt21c

2015年4月20日(月)18時よりプレスタワー17階にて開催しました。

 

 講師    航空自衛隊 第一航空団司令兼浜松地司令

        空将補 上田 知元(うえだ・ともゆき)氏

  演題    「航空自衛隊の活動」

 

【講演概要】

 航空自衛隊の主たる任務は防衛出動。国民保護や海上警備、弾道ミサイル防衛、

対領侵措置、国連平和維持活動などは従たる任務となる。定員は約5万人、

その半数以上が実任務にあたる航空総隊に所属し、国内4つの防衛区域エリア

(北部、中部、西部、南西)ごとに、戦闘機、レーダーサイト、地対空ミサイルシステムなどの

戦闘機能を持っている。

我が国の周辺諸国を見ると、中国軍は第4世代戦闘機が増えているだけでなく、

さらに質を向上させた第5世代戦闘機開発を進め、日本の自衛隊の2倍以上の主力戦闘機を保有。

AWACS、爆撃機、弾道ミサイル、空中給油機、空母、巡航ミサイルを備えている。

ロシアは、戦闘機数は中国に比べれば少ないが、空中での機動性を安定させたり、

コンピュータやレーダーを積み替えてバージョンアップしたり、即応体制強化と軍事力の近代化を進めている。

北朝鮮は、新しい戦闘機は無いものの、核ミサイルを一千発単位で持っていることが問題。

もし実際に撃たれた場合、日本が持つ防御ミサイルでは、半数ほどしか対処できない。

また、日本のレーダーでは、打ち上げられたことが感知できないため、アメリカの偵察衛星情報に頼ることになる。

このように、実際に脅威を与える能力を持つ周辺諸国を把握し、我が国では、日米共同の実践的な訓練に参加し、

防衛準備を行っている。「防空識別圏」は、この圏内を飛ぶ飛行機は、どこの国の何のための飛行かを

確認するエリアだが、そこからさらに領空侵犯が疑われる場合は、指令から5分以内に離陸し、無線で注意する。

この対領空侵犯措置(スクランブル)回数は、東西冷戦期以降、特に中国に対しての数が増加し、

今年度は過去最高の回数になるかもしれない。

 

浜松基地は、教育部隊と実任務につく部隊があり、約2500人が勤務。

パイロットは約3年の厳しい教育を受け、その中から6~7割がウィングマークを付けパイロットデビューする。

ブルーインパルスのパイロットはパイロットの中でも、特に操縦技量が高く、チームワークがとれる人間が選ばれる。

今年もブルーインパルスが飛行できる日を調整し、エアフェスタを開催する予定だ。


静岡新聞社・静岡放送 21世紀倶楽部
〒430-0927 静岡県浜松市中区旭町11-1 プレスタワー15F TEL(053)455-2001 FAX(053)455-2021