日時:2010年11月30日 13:10 投稿者:pt21c

 

12月例会
大例会”のご案内
 
師走の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。日頃は格別のお引き立てをいただき、ありがたく御礼申し上げます。
さて、今年最後のイベント “大例会”(21世紀倶楽部忘年会)を開催いたします。恒例、ジュビロ磐田選手の来場、魅惑のベリーダンスグループ『カエネーション』によるアメリカンスタイルトライバルベリーダンス、お楽しみ抽選会もあります。お友達などお誘い合わせてご参加ください。お手数ながらご返事をお願い申し上げます。
 
日  時    12月16日 (木)  18:00~ 開 場
                           18:30~ 開宴
会  場     静岡新聞ホール プレスタワー17階
費     会員無料 同伴者大歓迎!
※ ビジター、同伴者は参加費5,000円

 

 

ベリーダンスグループ 「カエネーション」

 

 

ジュビロ磐田の皆さん

このほかサプライズ盛りだくさんです!!

日時:2010年11月30日 13:05 投稿者:pt21c

12月の囲碁の会 開催日は

 

12月13日 月曜日

講師 囲碁サロン めいえん  梅艶先生

 

会費 3,000円 お食事つき

皆様ご参加ください!

日時:2010年11月30日 12:30 投稿者:pt21c

20 11 年11 月19 日(金)
「 取材余話  」
講師: 安東能明 氏 (小説家 )

【講演内容概要】

浜松市天竜区二俣町生まれ。浜松市職員だった私は、15年前35歳の冬、突然、小説を書いてみようと思い立ち、広辞苑とパソコンを入手して書き始めた。

1995年、初めて本になった『死が舞い降りた』で日本推理サスペンス大賞「優秀賞」を受賞した。出版予定の1月20日を楽しみにしていたが、その3日前に阪神大震災が起こり、国内中はもちろん私自身もショックを受けた。この本の題名は控えるべきとなり、宣伝が自粛されるハプニングからのスタートとなった。

2001年に出版された『漂流トラック』は、物流事情を取材するためトラックに載せてもらい、ときにはヒッチハイクをしながら全国を巡った。長距離走行で出かけるときには運転手たちが、船旅のように「航海に出る」という言葉を使うことも知った。

2002年出版の『15秒』は、15秒ずつ時間がずれることで事件が起こる内容。日本の標準時を作る施設を取材し、時間の作り方に興味を持ったことが小説のきっかけとなった。アインシュタインの相対性理論では「高速ほど時間が遅くなる」と言われるが、実際、飛行機に載せた時計は地上の時計より遅れることが証明されていることも知った。

2007年出版の『水没』を書く際は、ロンドンやパリで取材したり、各会社やデザイナーを取材したりして情報収集した。たいへんお世話になった方を、小説内では悪人として登場させなくてはならないことも(笑)。このように小説は人と出会い、さまざまな情報を提供して頂くことで次第に仕上がっていく。

2005年4月から静岡新聞に『突破屋』が連載、今年7月から9月までは夕刊「窓辺」欄を執筆させていただく機会を得た。今後もお引き立て頂き、12月16日発刊予定の『聖域捜査』など、ぜひ本を手にとって読んでほしい。


静岡新聞社・静岡放送 21世紀倶楽部
〒430-0927 静岡県浜松市中区旭町11-1 プレスタワー15F TEL(053)455-2001 FAX(053)455-2021