日時:2010年10月29日 16:10 投稿者:pt21c

 

【講演内容概要】


1980年代後半からグローバリゼーション化が進み、新興国が急成長した。地
球温暖化など環境問題がクローズアップされ、少子高齢化も進んだ。世界はリーマ
ンショックによる世界同時不況対策として、環境分野への投資を位置づけたことか
ら、自然エネルギーへ大きく転換した。つまり現在は未曾有の大変化時代であり、
こうした時に「イノベーション(技術革新)」が起こっている。
世界産業革命の歴史を振り返ると、蒸気機関車と軽工業が起こった1760年代
の第一次産業革命、電気・石油による重化学工業が起こった1860年代の第二次
産業革命、そして石油燃料を脱し、再生可能エネルギーへ転換した今回がそれに続
く産業革命期といえる。浜松地域の発展を比較すると、江戸時代に綿織物の生産が
盛んだったことから自動織機が生まれ、その後、石炭や石油の科学燃料を元に機械
金属工業が発展し、現在の自動車産業へと移行した。世界が200年かけて発展し
た歴史を、浜松が100年ほどで追い越す発展を遂げたことは評価が高い。しかし
現在の工業統計による製造品出荷額や有効求人倍率などを見ると、静岡県西部の数
字が、かつてないほど低迷しているのが気がかり。
今後、浜松が持続的に発展するにはどうすべきか。ひとつに森林が多い地域の特
徴を生かすことが考えられる。川上である農山村と川下の都市部の両立をヒントに、
森林経営が成り立たないだろうか。また光やバイオ技術を応用することで、農林水
産業の活性化やエコタウン形成に結びつく可能性も高い。現在、基幹産業である自
動車関連産業が直面しているピンチは、環境変化に進化適応することで新たなもの
づくりに結びつくチャンスともいえる。森林資源を活用しながら、省エネ、蓄エネ、
創エネによる浜松独自のエコライフを提案することで、ニュービジネスが誕生する
のではと思っている。
さらに街は人々の往来があってこそ活性化する。技術を外へ放出するだけでなく、
地元の産業や文化を生かした観光・交流を推進し、集客都市を形成することが今後
の浜松の課題ではないだろうか。景気低迷に気分は落ち込みがちになるが、起業家
精神でチャレンジし、切磋琢磨し、共生都市創りを進めていくことが大切だろう。

 

日時:2010年10月29日 15:51 投稿者:pt21c

11月の講師は小説家、安東能明氏をお迎えします。平成17年「突破屋」が静岡新聞始め全国8紙に連載、今年7月から9月まで静岡新聞夕刊「窓辺」を執筆いただきました。
解禁翌日のボジョレーヌーボを用意して会員の皆様をお待ちしています。

 

日  時    11月19日 (金) 18:00~ セミナー 
                    19:00~ 懇親会 ボジョレーヌーボで乾杯!

会  場    21世紀倶楽部 サロン & 会議室

講  師    安東能明氏 (小説家)

テーマ      「取材余話」

 

講師 略歴 安東能明(あんどう・よしあき)氏

 
昭和31年3月28日 浜松市天竜区二俣町生まれ
昭和49年 二俣高校卒業
昭和55年 明治大学政経学部卒業 
昭和55年 浜松市役所勤務
平成12年 浜松市役所退職

◇ 受賞暦
平成6年「死が舞い降りた」第7回日本推理サスペンス大賞優秀賞
平成12年「鬼子母神」第1回ホラーサスペンス大賞特別賞
平成22年「随監」第63回日本推理作家協会短編賞
 

◇単行本
平成15年11月「強奪箱根駅伝」 新潮社、 平成17年7月「ポセイドンの涙 」幻冬舎
平成22年10月「撃てない警察」 新潮社 他多数有り

 

日時:2010年10月29日 15:43 投稿者:pt21c

11月 自由語会

11月24日 水曜日 18:30~

「数字で見る防衛省」

講師 伊藤信幸3佐 

        (航空自衛隊浜松基地管制隊長)

 

会費 3,000円 お食事がつきます

日時:2010年10月29日 15:38 投稿者:pt21c

11月囲碁の会

11月29日 月曜日 18:00~21:00

21世紀倶楽部 にて開催

講師 囲碁サロンめいえん 梅艶先生

会費 3,000円  お食事が付きます


静岡新聞社・静岡放送 21世紀倶楽部
〒430-0927 静岡県浜松市中区旭町11-1 プレスタワー15F TEL(053)455-2001 FAX(053)455-2021