日時:2012年4月27日 16:03 投稿者:pt21c

21世紀倶楽部とは

新生!「21世紀倶楽部」誕生。ビジネス界のオピニオンリーダーとしての資質を育み、ビジネスシーンをサポートしていく・・・。

浜松を語り、世界を語る「異業種交流の場」、全国へ、世界へ地域の魅力を広げる「情報発信基地」、新生「21世紀倶楽部」が誕生しました。

あなたも会員になって、各界で活躍する方々との交流を深め、自分を磨き、ビジネスチャンスを広げませんか。

● 会員募集中!!

充実した会員サービスが魅力です

■ 著名人による定期講演会政治・経済・教育など、時局に合った著名人が分かりやすい内容で講演します。

■ 月例会セミナーの開催毎月開かれる月例会に合わせたセミナー。政治・経済・教育などの分野から講師を迎えて開催します。

■ 「浜松ぐるぐるマップ」など定期発行の情報誌を無料でお届けします。

■ ホームページからの記事検索サービス静岡新聞社ホームページから、過去の掲載記事が検索できるサービスです。

■ 会員特価で使用できる貸室、会議室、17階ホール少人数から300人までの会議室・ホールが会員特価で使用できます。

■ 静岡新聞社グループ事業への参加特典有料セミナー、ビジネス塾へ無料参加できます。また、美術展などの割引券や招待券を進呈します。

●年会費 120,000円(10,000円/月)

● 資料請求

21世紀倶楽部について資料をご希望の方は、資料請求・お問合せフォームよりお申込下さい。

静岡新聞社・静岡放送 21世紀倶楽部

〒430-0927 

静岡県浜松市中区旭町11-1 プレスタワー15F

TEL(053)455-2001 

FAX(053)455-2021

日時:2012年4月27日 15:48 投稿者:pt21c

5月例会のお知らせ

若葉の鮮やかな季節、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、5月例会の講師は、静岡県文化・観光部長の下山晃司氏をお迎えします。

日本の宝、静岡の誇り、富士山の世界文化遺産登録が最終段階を迎えました。下山氏は今夏に予定されているユネスコの現地調査を控え、気を引き締める毎日とのこと。会員の皆さまにご出席いただきますようお願いします。

 

日  時     5月21日 (月)  18:00~ セミナー  

                     19:00~ 懇親会

  場      21世紀倶楽部 サロン & 会議室

 講  師       静岡県文化・観光部長

                                       下山 晃司 (しもやま・こうじ)

 テーマ      「富士山の世界文化遺産登録を目指して」

下山晃司氏

講師 略歴

昭和29年、焼津市生まれ。

広島大学卒業後、静岡県庁に入庁。

総務部行政改革室長として新公共経営

(NPM=ニューパブリックマネジメント)の企画などを担当した後、

総務部企画監(人事担当)、県民部文化学術局長、文化・観光部理事(文化担当)を経て平成24年4月から現職。

富士山の世界文化遺産登録には文化学術局長以来、5年間にわたって携わる。

 

日時:2012年4月27日 15:40 投稿者:pt21c

5月 自由語会 のお知らせ

  5月 30日水曜日

時 間 18:30~20:30

講 師 林田賢治3佐

      (航空自衛隊 警務隊長)

テーマ 「相続について」

会 費 3,000円

 

※お食事とお飲み物をご用意しています。

 

日時:2012年4月27日 15:27 投稿者:pt21c

4月例会 セミナーレポート

2012年4月20日(金)
21世紀倶楽部定例セミナー
「ジオラマファクトリーと中心市街地活性化」
講師 内山淳平氏
「浜松ジオラマファクトリー」主宰 、NPO法人「はままつ未来会議」理事長

【講演概要】
浜松中心市街地の衰退理由を話し合っていくと、「行政が悪い」「商店街があぐらをかいている」「デベロッパーに問題がある」などの意見をよく聞く。しかし現在の状態は必然だと思う。理由の一つは、郊外店の恩恵を受けている人が多いこと。もう一つは、浜松駅と新浜松駅のアクセスがよすぎるため、人々の歩く仕組みが消えてしまったこと。静岡市を見ると、静岡駅と新静岡駅が離れていて、その近くに県庁と市役所があるため、市民の歩く仕組みができあがっている。こうした地理的条件の違いは大きい。
しかし、だからといって、市街地の衰退をこのままにしてはおけない。今、自分の住む
天竜区は過疎の最前線地域。それを食い止めるためには、浜松街中の人口増加が必須。さらに、自分達のような郊外の人の利便性のために、中心街の人たちが犠牲になっていると考えたら、自分も浜松の中心市街地活性化に力を尽くしたいと考えた。
経済産業省の「街元気プロジェクト」にまとめられた街の活性化事例を調べると、一度
衰退した都市が、商業を集積させることで再活性化した事例はない。成功したのは、鳥取県境港市が「水木しげるロード」によって活性させたような、観光への取組みだった。現在浜松には、全国に自慢できる楽器博物館がある。ならばもう一つの大きな観光の目玉を作り、2つの拠点を人々が行き来する「2核1モール」を形成してはどうか。浜松駅に近い楽器博物館とザザシティの距離なら、東京~大阪間の観光の合間に、短時間の浜松観光を組み込むことも可能だ。
こうして浜松ジオラマファクトリー設立を計画した。山田卓司さんは、テレビチャンピ
オンの競技で5回優勝している日本を代表するジオラマ作家。2009年夏に「浜松観光
のために作品を貸してほしい」とお願いに行くと、快く応じてくれた。それから2年半。
3月にオープンし、浜松ジオラマファクトリーは、少しずつ注目され、各地から訪れる人
も増えてきている。さらに今後、日本各地、また世界からこの浜松を目指して来てくれる人が増えるよう、皆様にご支援をお願いしたい。

内山淳平氏

懇親会の様子

講演

 

日時:2012年4月27日 15:17 投稿者:pt21c

SBSラジオ番組「ラジオフォーラム・しずおかマイトーク」

21世紀倶楽部会員の㈶浜松観光コンベンションビューロー理事長中山正邦氏がSBSラジオ番組に出演されました。41()午後6時15分から15分間、放送された番組の内容を要約して紹介します。

プレスタワーでラジオの収録に臨む中山理事長

【浜名湖花博を機に観光に力】

 

浜松市はものづくりのまちで、良いものを作っていれば何とかなる、という感じがありました。しかし、500万人が訪れた2004年の浜名湖花博以降、もう少し観光に目を向けなければいけないという機運が盛り上がってきています。

海外との関係では都市間の連携が重要になると思います。浜松市は一昨年、中国・瀋陽市と観光交流協定を結び、こちらからも行き、瀋陽の方も多数来ていただいています。また浙江省の西湖と浜名湖、湖同士の観光交流協定も締結されました。

新東名の県内区間開通を受けて、今のところ三ケ日が最終地点ですので、首都圏の方に三ケ日に来ていただいて、浜名湖や舘山寺、それに北遠地方の自然の素晴らしさなども見ていただければ、と思います。

今、経済と道徳を両立させる報徳思想が必要だと思っています。経済のない道徳は労多くして功なし、道徳のない経済は永遠の道がおぼつかない、という考えが企業人には重要です。

 

日時:2012年4月27日 15:11 投稿者:pt21c

15階 サロン

15階 サロン

 

日時:2012年4月27日 15:06 投稿者:pt21c

15階 ミーティングルームL

15階 ミーティングルームL

15階ミーティングルームL

日時:2012年4月27日 14:49 投稿者:pt21c

15階 ミーティングルーム21

15階 ミーティングルーム21

日時:2012年4月27日 14:33 投稿者:pt21c

15階 ミーティングルームC

15階 ミーティングルームC

ミーティングルームC

日時:2012年4月 2日 15:11 投稿者:pt21c

静岡新聞社・静岡放送  21世紀倶楽部

4月例会

セミナー&懇親会のご案内

 

4月例会の講師はNPO法人「はままつ未来会議」理事長の内山淳平氏をお迎えします。3月17日よりザザシティ中央館3階に中心市街地活性化の願いを込め「浜松ジオラマファクトリー」を開設しました

日  時     4月20日 (金)  18:00~ セミナー  

                     19:00~ 懇親会

会  場      21世紀倶楽部 サロン & 会議室

講  師    「浜松ジオラマファクトリー」主宰 NPO法人「はままつ未来会議」理事長

                  内山淳平 (うちやま・じゅんぺい)氏

 テーマ      「ジオラマファクトリーと中心市街地活性化」

 

内山淳平氏 

 

講師略歴

アーキムーン代表取締役  天竜区在住

1960年生まれ

浜松北高校卒

武蔵野美術大学大学院デザイン専攻建築コース修了

中学では陸上部の部長だったが、高校では軽音楽部へ

大学でJAZZと出会う

漫画家を目指したが編集者に「君はクニに帰った方がいいよ。」

と言われ挫折、バブル渦の設計事務所へ

毎日のようにJAZZ喫茶へ通う

 

 

 

 

 

※      会員及び代理出席者はセミナー、懇親会ともに無料です。

同伴者及びビジターはセミナー&懇親会参加費としてお一人様3,000円となります。

※      準備の都合がありますので、早目のお申込をお願いします。

 

日時:2012年4月 2日 14:49 投稿者:pt21c

3月 セミナーレポート

 

2012年3月21日(水)

21世紀倶楽部定例セミナー

「街中活性化に取り組んだ一年」

講師 河合正志氏 「浜松まちなかにぎわい協議会」事務局長

 

【講演概要】
浜松まちなかにぎわい協議会は、2年前に「自分たちのまちは、自分たちの手で」をスロ
ーガンにスタート。鍛治町のマルHビルに事務所があり、浜松市や民間から集まった6人が常
勤。財源確保は、法人格である浜松マネジメント株式会社が担当している。
これからの街づくりは、「浜松が持つ地域資源の魅力をコンセプトに掲げ、みんなで作る
街づくり」を目指すべき。若い世代がどんな思考で、未来に何を求めているかを考えながら
街づくりを進めるため、商店街、企業、一般住民など、さまざまな街中関係者のネットワー
クづくりが重要と考えている。
これまで「まちゼミ」「夏の芸術祭」「冬フェス」など各種イベントの実施によって、ネッ
トワーク構築だけでなく、商業者が再度勉強し直す良い機会となり、また店舗同士、商店街
同士、企業や市民との交流を深めることができた。
資金確保では、全国でも始まったばかりのエリアマネジメント広告を進めている他、この
4月からギャラリーソラモの指定管理を受け動き始める。この場所で大きな利益を生むこと
はできないが、イベントを実施することで街中のにぎわいにつながると考えている。
街づくり戦略では、個人と法人の歩み寄りが重要。それぞれ環境や状況が違うため、問題
共有は難しいが、企業として成り立つメリットが、街中の人たちとうまく合致したとき、街
が少しずつ動いていくだろう。また、地権者へのアプローチを進め、地主、ビルオーナー等
にも街づくりに参画してもらい、合意形成できる体制を整え、人口減少や高齢化などに対応
できる街づくりを進めていきたい。
今後は、再度、基礎調査と分析を行いビジュアライズ化し、ワークショップなどを開催す
ることによって、まちづくりの関心度をアップさせ、具体的に空き店舗を利用したトライア
ルを行う予定。持続可能な街づくり組織を構築するためにも、協議会はその主体ではなく、
あくまで「街をこうしたい」という思いを持って活動する人たちをサポートする位置であり
たい。その基盤作りのため、皆様のご協力をお願いしたい。

河合正志氏

講演の様子

懇親会スタート!!

 

日時:2012年4月 2日 14:37 投稿者:pt21c

4月 自由語会 ご案内

 

4月 24日 火曜日

18:00~

21世紀倶楽部 会議室

参加費 3,000円

「南米の旅あれこれ♪」

講師 鈴木淑介 氏 (大和染工株式会社)

 

お食事とお飲み物をご用意しています

 

 


静岡新聞社・静岡放送 21世紀倶楽部
〒430-0927 静岡県浜松市中区旭町11-1 プレスタワー15F TEL(053)455-2001 FAX(053)455-2021