インフォメーション

日時:2010年9月29日 15:28 投稿者:pt21c

2010年9月21日(火)
「南アフリカW杯と日本サッカー」」
講師:久保暁生氏(フォトグラファー)、聞き手:澤木久雄氏(SBSアナウンサー)

【講演内容概要】
2010FIFA ワールドカップ南アフリカ大会には、総重量38 kgの機材を持ち込んで取材
にのぞんだ。キャノンの400 ミリカメラをメーンに使用した。通常、国内では1試合
300 枚ほど撮影しているが、ワールドカップでは600~700 枚を撮影した。
試合を撮影するためには、撮影許可を取り、ビブスをもらい、試合ごとに決められ
たカメラマン人数に入らなければならない。自分は通信社に次ぐ優先権があったため、
比較的良い場所で撮影できた。ワールドカップでの初ショットは、8万人が入るスタ
ジアムを魚眼レンズで撮影。あらかじめ「こんなショットを」と考えていたものだ。
ワールドカップ開幕間際は、正直誰もが日本チームに対して期待をしていなかった。
しかし合宿所や試合会場で、目標に向かい努力している日本選手の姿は時間を追うご
とに大きく見え、強豪カメルーンに勝利してからはより一層、チームが一丸となって
成長している様子を感じることができた。
スポーツ写真はすべてにいえることだと思うが、プレースタイルで選手を判断し、
常に動きを予測してシャッターをきる。デンマーク戦での遠藤のフリーキックは、カ
メラマンたちの予想をはるかに上回る美しいゴールだった。決勝トーナメント出場を
決めたときには、誰を被写体にするか迷ったが、自分は岡田監督を選択。スタジアム
に向かって頭を下げている姿だった。長谷部キャプテンは空を見上げ何かを叫んでい
た。あとで記者から聞いた話だが、それは亡くなった大好きな祖父に向かって報告を
していた姿だったようだ。
最後に惜しくもPK をはずしたシーン。駒野選手を他の選手達が支え励ます姿は「今
回のワールドカップの日本チームの姿」として、見る観客を納得させてくれた。スポ
ーツは負けから学ぶこと、悔しさから得られることがたくさんある。今回のワールド
カップは日本チームが次のステージへ向かう大きなステップになったと思う。
自分自身もプロスポーツカメラマンとして、スポーツの持つ偉大な力、魅力をさら
にもっとさまざまな人たちに紹介していけたらと思っている。いい写真が撮れれば、
それに比例してチームの成績は良くなっていく。今のジュビロがその状態にあると思
う。これからのジュビロを期待している。


静岡新聞社・静岡放送 21世紀倶楽部
〒430-0927 静岡県浜松市中区旭町11-1 プレスタワー15F TEL(053)455-2001 FAX(053)455-2021