• ホーム
  • イベント関連:月例セミナー

イベント関連:月例セミナー

日時:2022年7月13日 16:48 投稿者:pt21c

講師:浜松市長 鈴木康友氏
演題:浜松市政報告~サステナブルな自治体経営~
【講演概要】
浜松市は平成の大合併で都市部から中山間地域まであらゆる地域特性や課題を凝縮した
「国土縮図型政令指定都市」になった。「財政危機」と「人口減少」のふたつのリスク
を抱えるいま、浜松市を維持していくにはいかにサステナブル(持続可能)な自治体経営を
するかが鍵。私は15年前、市長になる際「上杉鷹山公の治世を目指す」と表明し「財政健
全化」と「産業政策」に力を注いできた。今では財政状況の健全性、経営力は政令指定都
市の中でトップ水準を誇っている。これまでの経験から自治体の自立した経営のモデルに
なると確信を持つことができた。
浜松市の先進的事例ではエネルギー分野において2015年にいち早く産学官によるスマート
シティ推進協議会を設立。市町村別太陽光発電は全国一位となり、今後も再生可能エネル
ギーの導入促進などにより二酸化炭素排出実質ゼロを目指していく。健康・医療・福祉分
野では「予防・健幸都市」の実現を目指し、官民で連携したウエルネス・プロジェクトを
推進している。さらに地域交通もデジタル技術や自家用車を活用した新たな共助型の交通
システムの確立に向け、モデル地区で実証実験を進めている。
自治体のこれまでの常識を超える取り組みも注目されている。ファンドサポート事業は
浜松市が認定したベンチャーキャピタル等と強調し資金を交付することでスタートアップ
の事業化を支援する取り組みで、これまでに17社が浜松に進出してくれた。新型コロナウ
イルス感染症による緊急事態宣言時等に経済対策として実施した「大型ポイントバックキ
ャンペーン」等も大成功した。さらに、浜松市オリジナルのフードデリバリープラットフ
ォームを構築するなど経営感覚を発揮してきた。
デジタル田園都市国家構想基本方針が閣議決定され、今後ますます世の中は大きく変化し
ていく。浜松は2019年にデジタルファースト宣言をして推進体制も整い、さらにデジタル
を活用しサステナブルな都市経営を目指していく。
最後に「明治以来の統治機構改革」の考えを紹介する。私は日本をもう一度成長させるに
は、「基礎自治体が自立し、地域に合わせた成長戦略で日本全体が底上げされること」が
大事だと考えている。明治時代から続く中央集権体制を変え、国・道県・基礎自治体が対
等な立場で明確な役割分担をして地域主権を確立することが重要だ。1947年に人口50万人
以上の都市を府県から独立させ特別市とする「特別市制度」が規定されていたが、実現さ
れず地方自治法から削除され現在に至っている。統治機構改革は考え方の温度差もあり一
筋縄ではいかないが、特別自治市制度の法制化を目指す同志たちと共に、伝え続け、取り
組み続けていきたい。


静岡新聞社・静岡放送 21世紀倶楽部
〒430-0927 静岡県浜松市中区旭町11-1 プレスタワー15F TEL(053)455-2001 FAX(053)455-2021