• ホーム
  • イベント関連:月例セミナー

イベント関連:月例セミナー

日時:2020年3月 5日 10:00 投稿者:pt21c

講師: 株式会社遠鉄百貨店 代表取締役社長 中村昭 氏
演題:「百貨店経営で感じた事」
【講演概要】
 浜松市内唯一の百貨店である遠鉄百貨店は開業31年目。当百貨店が業務提携している高島屋な
ど全国には江戸時代の呉服店から始まった老舗百貨店が多いことを考えるとかなり後発といえる。
しかし、後発だからこそ駅前に出店という強みを持ち平成30年度の入店客数は927万人となっ
ている。小売業という点でショッピングセンターと比較されるが不動産賃貸を主とするショッピン
グセンターに対して百貨店は売上が計上されたときに仕入が計上される「消化取引」が主であるこ
とが大きく異なる。
 400年続く百貨店の長い歴史を見ると、店は常に時代に対応して生き残ってきた。特に近代化
が急速に進んだ1950年頃、ショーウインドーができたり博覧会が開催されたりスケート場など
が登場し娯楽の殿堂と言われるようになった。これからの時代どう生き残るかは各陣営がそれぞれ
模索中。グランドオープンした日本橋高島屋は百貨店ビジネスと不動産を融合させたまちづくりと
いう発想を持っているが、地方の百貨店は独自な発想で考えていかなくてはならない。
 当店では現状より幅広い年齢層の取り込みを図るため「従来の百貨店にとらわれない魅力あるテ
ナントの誘致」、「デパ地下、化粧品、外商部門等の百貨店の"強み"の更なる強化」、「店舗販売
力の強化」、「働く人材のモチベーションアップ」などに取り組んでいる。百貨店の三要素は「M
D(マーチャンダイジング)」、「環境」、「販売力・サービス力」と考えているが、何の仕事も
肝心なのは「人材」。そのためランチミーティング等で経営トップと社員たちと語り合う会(10
名ほどずつ年間約60回を数える)を設けたり、シークレットカスタマーが各店舗を判定したり接
客コンテストに参加したり、モチベーションとスキルの両輪アップに取り組んでいる。
 また、ランドセルやバレンタイン商品など特化した重点商品の売場強化に目標額を掲げてチャレ
ンジしたところ、成果を上げ手ごたえを感じている。さらにレストラン街は1.5倍の面積に拡大
し店舗を増やすと共に閉店時間を23時にすることで夜間営業の強化を図った。酒の肴とドリンク
がセットになった「ちょい飲みプラン」もオススメで多くのご利用をいただくようになってきてい
る。百貨店は結局のところ「楽しい所」であることが大切。「いつも、人から。」「人を信じ、人
を愛し、人につくす」という高島屋スローガンと全く一緒で、事業の根幹は「人」だと思う。これ
からも地域の皆様に愛される百貨店を目指し従業員一同邁進していく。


静岡新聞社・静岡放送 21世紀倶楽部
〒430-0927 静岡県浜松市中区旭町11-1 プレスタワー15F TEL(053)455-2001 FAX(053)455-2021