• ホーム
  • イベント関連:月例セミナー

イベント関連:月例セミナー

日時:2019年12月 5日 13:00 投稿者:pt21c

講師:湖西市長 影山剛士 氏

演題:次世代型「職住近接」社会の構築に向けて
  ~福祉・公共交通・道路・立地適正化計画~


【講演概要】
湖西市は一事業所当たりの出荷額が高く世界に誇る工業のまちで職場は数多い。
しかし、働く人は市外在住者が多く市外への所得流出が大きい。人口は10年前から
約3千人が減少し6万人。今後いかに人口減少を食い止め市内に定住してもらうか
が課題だ。そこで令和元年度予算のキーワードを「職住近接」とし昼夜間人口差を
解消し移住・定住の促進を重点的に行うことにした。例えば持ち家または分譲マン
ション購入者に最大100万円を支給する定住促進奨励金制度を本年10月から新た
な取り組みとしてスタートさせた。また、市内定住就職者に企業と連携し奨学金返済
を支援する制度の検討を進めている。

私が目指す湖西市の柱は5つ。
①「幸福度日本一のまち」を目指し子ども医療費の無料化やこども園化、湖西病院の
  経営改革、産婦人科の誘致に力を入れている。
②「活気あるまちづくり」では三遠南信自動車道に続く浜松三ヶ日・豊橋道路の整備
  とインターチェンジ確保の実現、市民会議により市民交流複合施設等の具体化推
  進、令和2年度末の立地適正化計画策定に向け推進協議会を設置。さらに豚の
  飼養頭数県内一位を誇るまちとして臭気解消を進めたり、若い世代の柔軟な発
  想で市の魅力を発信してもらう取り組みをしたりしている。
③「日本一思いやりのあるまちづくり」では高齢者を福祉と地域公共交通サービスの
  両面からバックアップ。デマンド型乗り合いタクシーサービスの実証実験や次世代
  運行サービスについての研究も進めている。
④「命を守る防災対策」には地震だけでなく台風対策も必須。そして独自の取り組みと
  しては津波避難経路表示シートや浸水想定を地面に埋め込んだハザードマーカー
  を市内各所に設置して対策を充実させている。
⑤「産業振興によるエネルギッシュなまちづくり」では浜名湖西岸地区に新たな工業団
  地を造成予定。働き定住してもらうインフラ整備を進めていく。

さらに観光振興では新居関所保存整備事業としてタブレットを使用したVR体験をス
タート。観光DMOと連携し再来型・滞在型の観光を推進。来年7月にはキューバ発の
「ヘミングウェイカップ」を新居浜名港を中心に開催予定(大会名:浜名湖 キューバ
ヘミングウェイカップ)。一過性でなく継続した浜名湖の観光振興イベントにできれば
と考えている。加えて新居弁天には海水浴場やプールの夏季シーズンスポットのみ
ならず足湯やドッグラン、キャンプやホテルなど通年利用できる複合施設として整備
を進めていきたい。市長となり3年、課題を実感し必要な事をスタートさせているとこ
ろだが、常に10年後30年後を見据えて進まなければならないと思う。浜松市とも広
域で連携して進めていきたい。


静岡新聞社・静岡放送 21世紀倶楽部
〒430-0927 静岡県浜松市中区旭町11-1 プレスタワー15F TEL(053)455-2001 FAX(053)455-2021