• ホーム
  • イベント関連:月例セミナー

イベント関連:月例セミナー

日時:2019年11月 5日 10:00 投稿者:pt21c

講師:航空自衛隊 第一航空団司令兼浜松基地司令 加治屋秀昭 氏
          ブルーインパルス飛行隊長付 2等空佐 遠渡祐樹 氏


講題:「空に描く匠の技」

【講演概要】


ブルーインパルスは宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」の愛称。
華麗な展示飛行を披露する専門のチームで、もともと浜松基地で誕生した。
アメリカから譲り受けたF-86Fが初代機種で、昭和33年に北基地ができた際に
3機で曲技飛行をしたのが最初となる。当時はジェット戦闘機自体が珍しく低空での
曲技飛行は非常に難しいものだったが訓練を重ね、昭和39年東京オリンピックでは
空中に五輪を描き演技の素晴らしさを世界中に知らしめた。現在は全国の航空祭や
国のイベントなど年間20回ほど披露する機会がある。チームワーク(和)を大事に
するためパイロットは高度な操縦技術はもちろん、協調性、誠実性、安全性などの
人間性が求められる。さらに広報としての存在意義があるため観客に夢を与える
スター性、フレンドリーさも不可欠。そして何より「事故を起こさない」という厳格な
安全意識が肝心だ。一番機から六番機で編成され、パイロットは各ポジション(各番機
固有の位置)で専属に技術を一子相伝で養成されるのが特長。見習い期間は
TR(Treaning Ready)、一人前になるとOR(Operation Ready)と呼ばれる。
今年4月に着任した遠渡祐樹2佐は現在一番機のTR。ORに認められると
展示飛行を行い、3年目になるとまた新たな後輩を指導しながら任務に当たる。
特に一番機は編隊をリードする役割で全て一番機の指揮に従って動く要となる。
飛行機同士が互いの距離を測る計器は付いていないため、角度と距離は
パイロットの目視で何回も訓練して覚えていく。その日の体調や気分により
感覚が変わることもあるため精神的な安定も重要課題。そう考えると披露する
会場中心点上空を何時何分何秒に通過するかを編隊全部で揃えることは
実に難易度が高いことが分かる。またスモークを出すタイミングも地上でパイロット
全員が顔を合わせ一番機の号令で息を合わせる練習を何度も繰り返して修得する。
世界各国にアクロバット飛行チームはあるが、空中にスモークを使い
ハートや星などの絵を描くのは類がないだろう。これはT-4による展示飛行が
始まってからスタートした。戦闘機パイロットは、酸素マスクの付いたヘルメットや
G(加速度)によって脳に血液が供給できずに失神することを防ぐ「Gスーツ」を
着用している。背面飛行では体が浮いて操縦桿に手が届かなくなって
しまわないようしっかり体を固定する。パイロットの負担はもちろんだが
飛行機のオイル供給システムに限界があるため、継続時間は
10~15秒が限界。こうしたことを踏まえて曲技のプログラムを構成している。
「ブルーインパルスは先輩方の培った伝統のある飛行隊。ORになった暁には、
飛行隊の歴史を大切しながら新たに進化できるように引っ張っていきたい」
                                    (遠渡2佐談)


静岡新聞社・静岡放送 21世紀倶楽部
〒430-0927 静岡県浜松市中区旭町11-1 プレスタワー15F TEL(053)455-2001 FAX(053)455-2021