インフォメーション

日時:2012年10月29日 13:44 投稿者:pt21c

静岡新聞社・静岡放送 21世紀倶楽部 

 

SBSラジオ番組「ラジオフォーラム・しずおかマイトーク」

 

同番組は21世紀倶楽部が協力して毎週、放送しています。会員も出演することがありますが、今回は浜松市出身の県弁護士会会長、渥美利之さんをゲストにお招きしました。

9月30日(日)午後6時15分から15分間、放送された内容を要約して紹介します。

 静岡県弁護士会会長 渥美利之氏

【弁護士業務通し人間の深さ学ぶ】

学生時代は検事が性に合うと思っていて、あこがれも感じていました。しかし、検事になると全国を転勤しなければいけません。長男で実家には両親しかいませんでした。親は好きな道に進んだら、と言ってくれましたが、最終的には弁護士を選択しました。

弁護士バッジはひまわりと天秤をかたどっています。ひまわりは自由と正義、天秤は公正と平等を象徴しています。検事、判事にもそれぞれに即したデザインのバッジがあります。

弁護士という職業は仕事を自分で選ぶことが出来ます。しかし、交通事故や酒のトラブルなど、ちょっと失敗したからと依頼されると断りづらいこともあります。頼られれば頼られるほど、一生懸命やってあげなければ、と思います。

テレビの「水戸黄門」の世界では勧善懲悪、いい人と悪い人がはっきりしています。現実には人は、良いことをしながら、悪いこともちょっとしていたりします。仕事を通して、そうした「人間」が垣間見えて、人間の深さを自分なりに勉強させてもらっている、と感じます。

 


静岡新聞社・静岡放送 21世紀倶楽部
〒430-0927 静岡県浜松市中区旭町11-1 プレスタワー15F TEL(053)455-2001 FAX(053)455-2021