• ホーム
  • イベント関連:月例セミナー

イベント関連:月例セミナー

日時:2022年1月17日 11:34 投稿者:pt21c

ゲスト: 静岡ブルーレヴズCRO 五郎丸 歩 氏
演題:楕円球の魅力~ラグビーを通して磨いた人間力~
【トークショー概要】
■現在の役職/現在私は静岡ブルーレヴズのクラブ・リレーションズ・オフィサーとして、
クラブとステークホルダーを結ぶ役割を担当。スポンサー集めやラグビーのPR、また運営
企画・実施なども行っている。静岡ブルーレヴズとなりホストエリアは静岡県全域に拡がっ
た。西部地区だけでなく中部や東部エリアまで、いかに関心を持っていただくかが課題だ。
五郎丸プロデュースとして1月23日のホストゲーム開幕戦では新アイデアを盛り込んだ。
試合前日から葛城北の丸に宿泊し、試合の見どころの解説付き一泊二日チケットを企画販
売。高額ながら即売することができた。
■ワールドカップ2015、2019を振り返って/2019年に日本がワンチームで活躍した原点は、
2015年の対南アフリカ戦の逆転勝利だったと評される。2015年の出場メンバーはエディー・
ジョーンズ・ヘッドコーチの下、泥水を飲むような厳しい練習経験を積んできた。当時は
まだラグビーへの関心は低かったが、2019年の日本開催に繋げるため日本代表は勝つしか
ない。彼の指導があったからこそワンチームが出来上がった。以来、日本代表は一気にスタ
ー扱いとなり環境は一変した。
ところが、その後のエコパでのホーム試合で満席を想像したものの、スタジアムは空席が
目立った。このとき、企業スポーツに甘んじていたと実感し、日本のラグビー環境を変えて
いかなくてはならないと少しずつ気づき始めていった。
2019年大会で解説担当としてスタジアム入りしたとき、満席のスタジアムを見て感無量。
駅前でファンが盛り上がっている様子を見て、日本でこの光景が見られることが感動だった。
■フルバックから見ていたチーム/選手時代、チームの最後尾に位置するフルバックは全
体が見えるのでグランドにいる監督のようなポジション。2015年の際はリーチマイケルキャ
プテンのたたみかけるタックルに心強さを感じていた。彼は日本人以上に日本文化を外国人
に知らせようと努力していた人物でとても良い刺激をもらった。
ゲームでの動き方は、幼少期のサッカー経験が生きている。子供時代はさまざまなスポーツ
を体験し、最終的に何をやりたいかを自分で決めるのが理想。競技レベルだけでなく物事の
考え方の広がりがプレーに生きてくると思う。
■プレッシャーへの対応/ワールドカップ前夜は恐怖で緊張がこみ上げた。プレッシャーは
自分でコントロールできない。自分ができることは、すべきことをひとつひとつ考え整理し
ていくこと。すると次の日にはすっきりして緊張感が緩和される。ラグビーは体格も性格も
違う選手たちが交わるスポーツ。チームを生かすには自分がどう動くべきかを考えなければ
ワンチームにはなれない。自分の持ち味を出しチームに活かせることがラグビーの面白さ。
■今後の抱負/ラグビーのオフシーズン(7か月)の使い方を考えたい。収益を上げ、地域に
根付いたチーム運営を考えると一年間の有効活用が重要。試合だけでなくキャンプなども「A
ll for 静岡」で地域貢献して広げていきたいと考えている。ベテランの多くが2021年シーズ
ンで引退した。世代交代期の現在は5年スパンで応援してもらうと面白いチームに成長してい
くと思う。皆さまの応援に感謝。期待に応えられるよう魅力あるチーム、ラグビー環境づくり
に尽力していきたい。


静岡新聞社・静岡放送 21世紀倶楽部
〒430-0927 静岡県浜松市中区旭町11-1 プレスタワー15F TEL(053)455-2001 FAX(053)455-2021