日時:2018年4月 6日 10:50 投稿者:pt21c

※「自由語会」とは

航空自衛隊浜松基地と21世紀倶楽部の会員有志が自由に語り合い、交流と理解促進を

深めるのが目的で、毎月1回、開催しています。

21世紀倶楽部会員はどなたでも参加できます。

浜松基地からは基地業務群司令、監理部長をはじめ、救難、気象、管制、

衛生、音楽など各隊長クラスが参加します。

2月はNPO法人OIKOS天竜副代表の大島たまよ氏が「ソーラーシェアリングと

日本の再生可能エネルギーについて」と題してお話いただき、3月は40名を超える

参加者で特別企画「日本酒を嗜む会」を開催して楽しいひと時となりました。

関心を持たれる方々の多くの参加をお待ち申し上げます。

☆5月ご案内☆

日 時    5月9日(水) 18:30 ~ 20:30

会 場    プレスタワー 15階 21世紀倶楽部内

講 師     航空自衛隊浜松基地 気象隊長3等空佐

              松田 匡(まつだ・ただす)氏      

演 題    「航空気象業務」

参加費    2,000円

日時:2018年4月 6日 10:43 投稿者:pt21c

4月例会はセミナー講師に、ジェトロ浜松貿易情報センター所長の志牟田剛様

をお招きし、「ジェトロ浜松の活動について」をテーマに講演していただきます。

ジェトロ浜松は平成26年4月に開所し、講師は2代目所長として浜松地域の企業の

海外展開をサポートする事業に取り組んでいます。セミナーではその活動について

じっくりとお話を伺います。

会員の皆様には、多数参加いただけますようお願い申し上げます。

日 時   4月19日(木) 18:00~セミナー 19:00~懇親会

会 場   プレスタワー17階 静岡新聞ホール

講 師   ジェトロ浜松貿易情報センター 所長

          志牟田 剛(しむた・ごう)氏

テーマ   「ジェトロ浜松の活動について」

◇講師 略歴◇

昭和49年生まれ。千葉県船橋市の出身。

上智大学法学部を卒業後、平成11年ジェトロ(日本貿易振興機構)に入会。

欧州経済の調査事業、対日投資事業の企画・運営などを担当する。

その後、5年にわたって海外駐在(ワルシャワ)を経験し、

平成29年7月から浜松所長として活躍中。趣味はサッカー観戦。

☆5月からのセミナー予定☆

5月22日(火)  講師:山下 智之氏(賀茂真淵翁遺徳顕彰会会長)

6月22日(金)  講師:鈴木 康友氏(浜松市長)

7月19日(木)  納涼祭

日時:2018年4月 6日 10:35 投稿者:pt21c

演題:『静岡大学工学部の近況紹介と顕微鏡の話』

講師:川田 善正氏(静岡大学工学部長)

【講演概要】

静岡大学工学部のゆかりの人々を振り返れば、1926年に高柳健次郎先生がテレビを

発明後、CVCCエンジンやクウォーツ時計、カミオカンデ、アイボやVHSビデオの

開発なども工学部の卒業生が力を注いできた。世界最初の電子式テレビが誕生して

から約100年後の現在、静大では8Kスーパーハイビジョン用のカメラ開発を

進めている。当学部には、電子技術と材料系を融合した「電子物質科学科」という

他大学に無いようなユニークな学科や、機械工学科には、電気自動車などにも精通

できる「光電・精密コース」、宇宙に放出する衛星を作ったり、宇宙エレベーター研究

をしたりする「宇宙・環境コース」、人間環境にロボットを活かす開発研究などを行う

「知能・材料コース」がある。また大学院には事業開発マネジメントコースを設け、

経営センスを身に付けさせている。敷地内には「電子工学研究所」があり、

東京医科歯科大学生体材料工学研究所など複数の研究所と組織を組み、

「生体医歯工学共同研究拠点」を置いている他、浜松医科大学、

光産業創成大学院大学、浜松ホトニクス株式会社と光開発に取り組む

「光創起イノベーション研究拠点」を置き、地域活性化を図っている。

さらに今年4月からは「産業イノベーション人材育成プログラム」を立ち上げ、

企業から持ち込まれた課題を、専門の研究教員と学生等の組織で解決方法を検討

していく仕組みをスタートさせた。企業で取り組みたい事があれば是非声を

掛けてほしい。また光・電子工学と浜松医科大学の光医学を融合させた

光医工学共同専攻を開設し、21世紀が抱える諸問題解決に向けた高度な人材養成

にも積極的に取り組んでいく。具体的に私が取り組んでいる顕微鏡研究は、

光を使いナノ領域の小さなものを計測、加工、制御するため、新たな光学顕微鏡の

開発を目的としている。レーザー光を一点だけに当て、通過する光を検出することで

画像を表示する走査型光学顕微鏡はDVDやCDなどの仕組みにも利用されているが、

小さく集光するには限界がある。そこで開発しているのが

「EXA(電子線励起光学)顕微鏡」。電子線は微小な光スポットを形成することができ、

生きたものをそのまま見たり、水中のものも観察したりできる。

光学顕微鏡の技術と電子顕微鏡の空間分解能を組み合わせた新技術を更に高め、

今後、医学・薬学、バイオ・ナノ分野での科学技術進展に活かしていきたい。

日時:2018年4月 6日 10:31 投稿者:pt21c

の番組は21世紀倶楽部が協力して毎週放送しています。

今回は藤原 道生(ふじわら・みちお)氏 一般社団法人ブレス浜松代表理事、

ブレス浜松バレーボールクラブ監督をゲストにお招きしました。

氏のモットーは『今あるものでベストを尽くせ』、趣味は読書、映画鑑賞、散歩、

ロードバイク、出身地は青森県十和田市です。

平成30年2月18日(日)午後6時15分から放送された内容の要約を紹介します。

【Vリーグの女子バレークラブ】

 2012年11月に浜松市に誕生した女子バレーボールクラブです。

現在、Vプレミアリーグ(1部)の下部リーグ、VチャレンジⅡ(3部)です。

元々は新潟県の実業団チームで、会社の業績不振で解散し、伊豆に移りましたが、

5年前に浜松に拠点を設けました。

地域とのつながりを持って365日地域の皆さんの目に触れる仕組みを

目指しています。貢献し続けられるクラブ、地域に必要とされるクラブが

理想です。プレースタイル、戦術、トレーニングスタイルも他のクラブとは

違うものをやっている自負があります。10年後に他のチームが真似できないチーム

が出来上がっている構想を進めています。

浜松でのみ見られるクラブを創り、それが浜松でのみ体験できる観光資源と相まって、

県内外から大勢の人を呼び寄せることができる「資本」になりたいと願っています。

春から中学生を対象にしたスクールを開催する予定で、

育成型クラブへの変換を図りたいと考えています。


静岡新聞社・静岡放送 21世紀倶楽部
〒430-0927 静岡県浜松市中区旭町11-1 プレスタワー15F TEL(053)455-2001 FAX(053)455-2021