日時:2015年4月23日 16:03 投稿者:pt21c

2014年11月21日(金)18時よりプレスタワー17階静岡新聞ホールにて開催しました。

テーマ 「寅さんに学ぶ日本人の生き方」

講師   志村史夫 氏       

静岡理工科大学教授 ノースカロライナ州立大学併任教授

 

【講演概要】

 私は夏目漱石、アインシュタイン、寅さんの熱狂的ファン。そして、「漱石と寅彦」

「アインシュタ イン丸かじり」「寅さんに学ぶ日本人の生き方」という、

3人それぞれに関わる本を書かせてもらった。

 中でも今日は寅さんの話をしたい。

 1970年代、私はコンピュータ集積機能がみるみる伸びていく開発現場にいた。

急激な発達は、 まさに人類の英知、最先端科学技術の結晶といっても過言ではない。

そんな中、私は1986年に「エ レクトロザウルス」という言葉を創った。

「エレクトロニクスの急成長によって、だんだん人間自身が 踏みつぶされるのでは

ないか」という恐れからだった。

半導体研究に憧れ、83年から永住覚悟で渡米 した私だったが、常に勝ち負けの

世界に生きる価値観に、いつしかギャップを感じるようになった。

 そして友人が送ってくれた寅さん映画に、ノスタルジアと温かさ、ギリシャ哲学に

通じるような人間 根源の生き方が語られていることに気づきはじめていった。

「人間は理屈なんかじゃ動かない」 、 「筋道 立てて考えることができるから勉強するんじゃないか」 、

「人生生きていると、こんな楽しいことがあ るだろう、だから生きているんじゃないか」 。

人を押しのけるのではなく、他人のことを思いやり世話 を焼いてくれる義理人情。

肩書きも権威も関係なく、感動を与えてくれる寅さんの中に描かれる世界 こそ、

幸せの定義ではないか。 特に自然を相手にしている物理学は、

偏差値や勝ち負けではなく、素直な感性で、観察したものに 感動し、何故だろうと思うことが大事。

そして、これからの未来開発には、寅さんのような周囲を幸せにする考え方がなくては、

世の中を救えないのではないか。こうした思いを参考に開発したのが、

 非接触・非破壊の新計測技術である。

日本は物が豊かになったが、不正、汚職、偽装が相次ぐ腐敗大国になってしまった。

本当の豊かさ とは何か。

医学博士の日野原重明氏は「幸福な人とは、お金があるとか名誉があるというのではなく、

心の中に幸福感を持てる人。それはゆとりやおおらかさだと思う」と語っている。

自国日本を知らず しては国際人にはなれない。誇りの持てる日本にするために、

「お天道様が見ているよ」「閻魔様に舌 を抜かれるよ」。

古くから使われてきた言葉を改めて思い出そう。

そして礼節を知り、分をわきまえた、 やさしい人間に立ち返ろう。  


静岡新聞社・静岡放送 21世紀倶楽部
〒430-0927 静岡県浜松市中区旭町11-1 プレスタワー15F TEL(053)455-2001 FAX(053)455-2021