日時:2021年8月16日 09:39 投稿者:pt21c

静岡県に出されていた新型コロナウイルス感染症対応の緊急事態宣言が9月30日まで延長された事を受け、
9月の例会は中止いたします。

日時:2021年8月 5日 16:15 投稿者:pt21c

講師:株式会社オフィスH2O 代表取締役 平光敬和氏
演題:コロナ禍の夏の NIGHTMARE
~あなたの会社の経営者が経営力を発揮できない訳~
【講演概要】
「あなたの会社の経営者が経営力を発揮できない訳」と刺激的なサブテーマを付けた。日本企業
の多くは、優秀な課長や部長などが内部昇格しトップになることが多い。しかし課長や部長に求
められる役割と経営者に求められる役割は全く異なる。課長・部長時代に優秀だったという思い
は、経営者としてはかえって邪魔になることが少なくない。
経営者に求められるのは決められたことをどう実現するかではなく「何をするかを決定するこ
と」。決定後は自力でなく、経営幹部や中間管理者、さらにさまざまな階層を経て顧客接点層に
実現してもらうことになる。
経営本には「将来への構想力。抽象的な概念やコンセプトを具体的な会社の施策にして実現可
能なものにしていく」と書かれているが、一番必要なのは「根気よく自らの想いを社員さんに伝
え続けること」かもしれない。
経営者になる前に、経営者に必要な要素能力を身に付けている人などいない。だから経営者は
必死に学び続けていくことになる。特に現在は変化のスピードが凄まじく、世界観も人間観も経
済の仕組みも総替わりすることも起こる。少し油断すれば、昨日までの経営の仕組みが役に立た
ないこともある。経営者は心身共に健全・健康で、学び続ける知性と姿勢を持ち続けることが必
要だ。そしてたとえ失敗しても、PDCA/Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action
(改善)を繰り返し、経営者自身が学び成長し続けること。つまり「経営者は勉強し続けるしか
ないのだ、それが経営者の資格要件である」というのが本日の結論になろうか。
経営者予備群の皆さんにもお願いしたいことがある。それは「経営者を全力で応援してあげて
ほしい」。最初は期待はずれだったとしても、批判だけで終わるのではなく、経営者目線で自分
と自分の仕事を見つめてほしい。「経営者が必死に勉強すること」と「経営者予備群の人が経営
者目線で仕事と自分をみつめていくこと」。この2つがセットになって初めて会社経営は回り始
め継続していくことができる。
現在のコロナ禍の非常時に私が思うことは、「今こそ一人ひとりが自分で考え、自分で答えを出
し責任を負うことが大事」ということ。何も考えず周りと同じ行動をし、それがうまくいかない
と責任を他人に押し付け非難する繰り返しでは未来は無い。私たち人間は社交性を武器に、多様
性によってイノベーションを続けてきた。「自分はどう思うのか、なぜそう思うのか、違う意見
の人はなぜそう考えるのか」をそれぞれ考える時ではないだろうか。
今後さらに女性や若者が実力を発揮できる仕組みづくりを構築し、社会を変えていくことが必要
だと感じる。60歳以上の私たちは今後大変な状況が起こっても、未来を担っていく女性・若者た
ちへのスポンサーシップを発揮し、いかに力を注いでいけるかを考えよう。そして日本そしてす
ばらしい地球を創るために応援していこう。
※推薦書『多様性の科学/マシュー・サイド著』『希望の未来への招待状/マーヤ・ゲーペル著』


静岡新聞社・静岡放送 21世紀倶楽部
〒430-0927 静岡県浜松市中区旭町11-1 プレスタワー15F TEL(053)455-2001 FAX(053)455-2021